一般に広く広告されている消費者金融の限度額として有名なのは最高300万円というものがある。

しかし、この消費者金融の限度額はあくまで、賃金業者が利用者に融資できる限界の金額であり、消費者金融の限度額が300万円だとしても、初回利用から300万円の融資を受けられる訳ではない。

また各賃金業者も初回の利用に関しては、限度額を200万円までと足並みを揃えている。

これは消費者金融の利用者の年収や就業状況を鑑み、どれだけの返済能力があるかを消費者金融が審査するためである。

消費者金融の限度額と関連するものとして、総量規制がある。

この総量規制とは、改正賃金業法によって定められたローンなどの金融商品による利用者の過剰な借金を抑制する事を目的として制定されたものである。

この改正賃金業法により、消費者金融の限度額は法的にその限度額が明確に規定されたため、ローンなどの金融商品を利用する際、賃金業を営む業者が独自に設定していた消費者金融の限度額が、法律の定める総量規制よりも高額な場合、その限度額が規制されるようになった。

消費者金融の限度額は、以前であれば借り入れを行う人の就業状況や勤続年数、年収、保証人の有無など様々なパラメータに基づいて決められており、業者間で消費者金融の限度額は異なっていた。

しかし、2010年の改正賃金業法の完全施行により、ローンなどを利用している消費者金融利用者の借り入れ残高が、年収の3分の1を超える場合、原則として、賃金業者は利用者に対し、融資を行えなくなった。

また、バブル景気の崩壊に伴う日本の経済状況の悪化を鑑み、総量規制以外にも、賃金業者が独自に消費者金融の限度額や返済期間を設定する事が多くなっている。

Leave a Reply